2012年12月15日

女性の思い出に残るプレゼント3つの法則

女性の思い出に残るプレゼント3つの法則

女性へのプレゼントは思い出作りの機会♪

女性へのプレゼントを選ぶ際に意識しておきたいことのひとつが、「女性の思い出に残る」、もしくはもう一歩踏み込むなら「二人の思い出に残る」プレゼントを選ぶことです。

あとからプレゼントを贈った女性に、「あの時はありがとう」とプレゼントしたアイテムや写真を見ながら感謝される、そんなロングテールのシチュエーションが作れるギフトが出来ると、贈り手の貴方もプレゼントをして良かった、と思うことが出来るのではないでしょうか?

では、一体プレゼントを選ぶ際の基準として「思い出に残る」プレゼントアイテムのセレクトをどうするべきなのか、また「思い出に残る」ための演出には何を気をつけるべきなのか、当たり前だけれども忘れてはいけない3つのポイントを考えてみましょう。

1.感謝されるプレゼントを

「ありがとう」という感謝の気持ちを贈り物とそれを贈ってくれた貴方に対して大きく持てるほど、それは彼女の思い出に残ります。
この感謝されるプレゼントを選ぶための王道は、何といっても相手の欲しいものを贈ることですが、そればかりではなく真に相手女性の役に立つプレゼントであるなら、敢えて女性の欲しいものにこだわる必要はないかもしれません。
役に立つという部分も、実用性にこだわる必要はありません。
例えば女性らしい可愛さや美しさを感じられるもので、心が元気になれるようなアイテムなども数多くあります。
具体的には、最近ではブリザードフラワーなども長い期間楽しめるお花として魅力的です。
逆に余計なもの、いらないもの、と思われるようなアイテムを贈ってしまうわないように注意するべきです。
大切なことは自分の趣味や感性を押し付けるのではなく、彼女の生活スタイルや習慣などから、感謝されるアイテムをチョイスすることですね。

2.愛情を感じられるプレゼントを

「こんなに愛してくれているんだね」と貴方の愛情を実感できることは、それ自体が必ず大きく思い出に残るもの。
共感や相互理解、そこからくる相互依存の気持ちを増幅させるようなプレゼントとして、アイテムも重要ですがここでは「言葉を添える」ことを一番のポイントとしたいと思います。
言葉はメッセージカードや手紙として相手に手渡すことで、末永くその人の手に残るものです。
そして多くの女性にとっては、こうした「言葉」こそが一生の宝物となることも少なくありません。
また、口にすることが難しい、恥ずかしいことでもメッセージとしてなら相手に渡せることもあるものです。
どうか、彼女の「恋愛感」に「輝き」を与えられるような貴方ならではの愛情のこもった「珠玉の言葉」をプレゼントに忘れずに添えて、彼女の思い出に残るプレゼントとしてください。

3.感動を与えられるプレゼントを

「こんなの欲しかったけど諦めてた」、「ここまで期待してなかった」など良い意味で予想を裏切るようなプレゼントやサプライズの演出は大きく思い出として残るものです。
サプライズパーティーなどはかなりお馴染みではあるものの、そこまで準備や根回しをしなくとも、例えばプレゼントを2つ、3つと用意しておいたり、後ろからそっとネックレスをかけてあげる、マフラーを巻いてあげる、レストランで事前に根回しをしてウェイターにプレゼントを運ばせるなどなど、演出として渡し方に趣向を凝らしてみたりというのもちょっとした感動につながるものです。
感動の演出というのは相手への気遣いから生まれるもの、男性にとっては恥ずかしさもあるでしょうが、映画のような完璧な演出をという意味ではなく、互いに恥じらい、時には笑いあえる、そして共にお祝いできるような貴方ならではの演出の準備をしてみてはどうでしょうか?

ポイント至極あたりまえのことばかりかも知れませんが、シャイな男性が多い昨今、少し自分の背中を押して大切な女性との思いで作りを、特別なシチュエーションの時にプレゼントと共にトライしてみるのも良いのではないでしょうか。
せっかくなのですから、ひとつのプレゼントが人生の中で素晴らしい記憶のひとつとなるように、頑張ってみましょう♪

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。