2012年12月15日

女性がプレゼントに違和感を感じないための3つの注意点

女性がプレゼントに違和感を感じないための3つの注意点

貴方からのプレゼントは大丈夫ですか?

男性が女性へプレゼントを贈る場合、様々な関係性やシチュエーションがあるものですが、気をつけておかないといけない点もいくつかあるものです。

最も大切なこととして、貴方からプレゼントすること自体やプレゼントのために選んだアイテム、プレゼントを渡す際のタイミングなどで、貰う側の女性から違和感を感じられたり不信感を持たれたりすることがないようにしなければいけませんよね。

そこで、女性に違和感を感じられないプレゼント選びと渡し方について、気をつけたい3つの事柄を検証してみます。

1.2人の関係の相互理解はできていますか?

互いに恋人という認識があるかどうか、夫婦でもしっかりと絆は保てているのかどうか、稀に一方的な思い込みを発揮してしまう男性もいますので、思い当たる節のある方は十分な注意が必要です。
好きな男性からのプレゼントと、そうではない場合のプレゼントでは、まったく意味合いが異なってしまいますから、的確な関係性に基づいたプレゼントを選ぶ必要があるでしょう。
特に、ホテル、旅行、ジュエリーなどをプレゼントにする際は、男性としては女性とはかなりの関係性が必要なところです。
また、プレゼントを告白と共に、という場合には告白時の台詞にもよりますが、お近づきのしるし、という部分を大きく逸脱しないアイテムを渡すべきで、間違っても「物で釣る」的な印象を抱かれないようにしたいものです。

2.相手女性の好みを理解していますか?

贈り物を女性に渡すということは、相手を喜ばせるためのプレゼントであるということをきちんと理解しておくことが大事です。
ですから、相手女性にとって不愉快になるものや嫌悪感を抱くようなアイテムを渡さないように気をつけなくてはいけません。
男性に多いのは、自分の尺度や価値観、感性で物事を決め付けてしまいがちなところ。
貴方が楽しいと思うことや、貴方が好きなもの、貴方の趣味について、必ずしもすべての価値観が女性と合致するものではない、という前提で物事を考えることは非常に重要なことです。
間違っても独りよがりや独り相撲、一人芝居になってしまわないようにしましょう。
また、恋人同士や既婚者の場合、女性によって2人の時間を大切にしたい場合もあれば、大勢でお祝いするのが嬉しい場合もあるし、様々です。
そうした好みをしっかりと把握しておくことはプレゼントを成功させるとても大事なファクターです。
アイテム選びでは、特に好みがはっきりと分かれる香水などは注意が必要です。

3.プレゼント予算は適正ですか?

貴方の経済事情を大きく逸脱していると思われるプレゼントを女性に贈ってしまうと、案外不愉快に思われることもあります。
プレゼントは気持ち、というのはあくまでも建前である、ということを把握しておくべきでしょう。
特に貴方自身もプレゼントを貰ったことがある場合には、貰ったプレゼントと貴方が渡すプレゼントの価値に予算的な整合性が取れているかどうか、というのは女性が喜ぶかどうかを判断する上でひとつのポイントである、と考えるようにしましょう。
「ケチ」、「セコイ」などと思われるならばせっかくプレゼントを贈っても、好感度はマイナスです。
また、あまりにも大盤振る舞いすることも「経済観念がない人」というレッテルを貼られる危険性や無駄に女性の心配を煽る可能性があります。
なにごとも「ほどほど」、適度且つ的確な予算を心がけるようにして、プレゼントを選びましょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。