2013年01月19日

デートに最適!?オスカーノミネート映画10作品チェック

2013年第85回アカデミー賞。
オスカーノミネートが1月10日にありましたが、既に公開中のものからこれから公開のものまで全10作品、チェックしておけば女性との話題作りやデートの際に何かと役立つかも!?
ということで、2月24日の授賞式までなにかとネタにすることができるこの話題の予習をしてみましょう。
 
1月31日は愛妻の日、そして2月14日はバレンタインデーですので、彼女や奥様と是非、映画館でのデートをしてみてはいかがでしょうか?


まずは、スティーブン・スピルバーグ監督の最新伝記映画「リンカーン」。
そして近年急激に人気上昇中のブラッドリー・クーパーの初オスカーノミネートになるハートフルコメディ「世界に一つのプレイブック」は、ジェニファー・ローレンスとの絡みも見どころです。


ロングラン・ミュージカル「レ・ミゼラブル」をヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイら本格派の豪華キャストをオーディションから選んで映画化した作品は、ミュージカル好きなら要チェック!
そして、第2次大戦直後の新興宗教指導者と帰還兵のドラマを「マグノリア」のポール・アンダーソン監督が豪華俳優陣で描く期待作の「ザ・マスター」は奥の深い演技を楽しめる秀作。


911テロ首謀者とされたウサマ・ビン・ラディンの拘束・殺害などを描く「ゼロ・ダーク・サーティ」はCIA女性分析官の物語で陰謀に興味があるなら必見の作品。
カンヌ映画祭で最高賞にあたるパルムドールを受賞した「愛・アムール」は老夫婦の日常を描いた感動作です。


200万ドルの低予算と6歳の少女の主演作である「ハッシュパピー 〜バスタブ島の少女〜」は少女のファンタジックな母親探しを描いた作品。
アカデミー賞受賞監督アン・リーがベストセラー小説を最新鋭のデジタル技術を駆使して映像化した3D作品の「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」は、アバター並みの映像美が見どころ。


「アルゴ」は「2012」で主演を務めたベン・アフレックが監督・主演を務める、イランで1979年に起きたアメリカ大使館人質事件の実話をベースにしたCIAの救出作戦をハラハラドキドキの展開で描く大作。
そして、クエンティン・タランティーノ監督の最新作となる西部劇映画「ジャンゴ 繋がれざる者」は、ジェイミー・フォックス、クリストフ・ヴァルツ、レオナルド・ディカプリオという豪華な顔ぶれも見どころ。




 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。