2013年02月01日

予算5000円で選ぶ「キャンドル・グッズ」セレクション

※画像にマウスをポイントすると商品の説明が読めます♪

予算5000円で選ぶ「アロマ・グッズ」セレクション

※画像にマウスをポイントすると商品の説明が読めます♪

予算5000円で選ぶ「バス・ボディケアグッズ」セレクション

※画像にマウスをポイントすると商品の説明が読めます♪

 ロクシタン  輝く太陽と咲き誇る花々の豊かな自然に包まれた南仏・プロヴァンス。
1976年、オリビエ・ボーサンはここで過ごした幼少時代にインスピレーションを受け、伝統を再現することを決意。
古い時代の蒸留器で、ピュアなローズマリーエッセンシャルオイルを製造し、地元の市場で販売したのがロクシタンの始まり。
植物原料とエッセンシャルオイルをベースとする、スキンケアの先駆けとしてスタートして以来、厳選された植物素材を使用したスキンケアやボディケア商品などを通じて、プロヴァンスの生活を提案している。

 ザ・ボディショップ  見た目だけにとらわれるのではなく、生きることへの意欲がみなぎるような内からの輝きこそがブランドの考える美しさ。
世界中から探し出した天然素材を基にした化粧品は、個性を大切にする人々から愛されている。
また、最低限のパッケージや動物実験反対などの信念も高い支持を得ている。

 リーフ&ボタニクス  天然精油やエッセンスなど植物がもたらす恵みを取り込んだ、国産スキンケアブランド。
肌に優しく、心地良い使用感が特徴。

 ゲスト&ミー  『お客さまとわたし』がコンセプト。
おもてなしの気持ちを大切にした香りと使いやすくて、邪魔にならないシンプルなデザインが使いやすい。

 ラッシュ  英国生まれのフレッシュハンドメイドコスメ。
ラッシュは、鮮度にこだわった野菜や果物を原材料に、キッチンと呼ばれる日本国内の工場で、手作りで製造されているコスメ。

予算5000円で選ぶ可愛い「パワーストーン・アイテム」

※画像にマウスをポイントすると商品の説明が読めます♪

  • Mini Lani Bear
    Gold☆girl

    誕生石が選べる!
    ミニラニ・ベアー
    ゴールド☆ガール
    通常価格:5,500円

    販売価格:4,400円

  • Mini Lani Bear
    Black☆girl

    誕生石が選べる!
    ミニラニ・ベアー
    ブラック☆ガール
    通常価格:5,500円

    販売価格:4,400円

  • Mini Lani Bear
    Pink☆girl

    ローズクォーツ
    ミニラニ・ベアー
    ピンク☆ガール
    通常価格:5,500円

    販売価格:4,400円

  • Mini Lani Bear
    Rose☆girl

    ローズクォーツ
    ミニラニ・ベアー
    ローズ☆ガール
    通常価格:5,500円

    販売価格:4,400 円

予算5000円で選ぶ美味しい「シャンパン」セレクション

※画像にマウスをポイントすると商品の説明が読めます♪


ヴーヴ・クリコ 1772年創業以来、2世紀以上もかわる事なく大胆でスリリングなシャンパンであり続けるヴーヴ・クリコ。
常に最先端の感覚をまとい、真のラグジュアリーブランドとして人々を魅了するそのスタイルは、シャンパーニュ地方で今もラ・グランダム(偉大な女性)と呼ばれるマダム・クリコの「品質はただ一つ、最高級だけ」という信念に導かれています。

ルイ・ロデレール ルイ・ロデレールでは大手メゾンのなかで最も長い期間の熟成を経て、ワインが出荷されます。
スタンダード・キュヴェの「ブリュット・プルミエ」でさえ最低3年、プレステージの「クリスタル」では5年もの長期熟成がなされます。
そこには飲み頃までじっくりとセラーで寝かせてあげたいというワインへの強い愛情があります。
ルイ・ロデレールには160樽ものリザーヴワインが保管されています。
リザーヴワインとは、ノン・ヴィンテージシャンパーニュに混ぜるブレンド用ワインのこと。
味わいに複雑さや深みを出しすことができるリザーヴワインはいわばメゾンの“財産”です。
ロデレールでは40もの異なるクリュからそれぞれ仕立てられた2〜6年ものの リザーヴワインを樽ごと所有し、専用のセラーに貯蔵しています。
これだけ大規模で本格的なリザーヴワインを保有しているのは、 数あるメゾンのなかでもルイ・ロデレールだけ! 「ブリュット・プルミエ」には贅沢にも90%もこのリザーヴ・ワインが使われており、スタンダード・ラインとは思えないリッチで複雑な味わいがお楽しみいただけます。
さらに出荷前に、瓶熟成の間に目減りした分を補う「門出のリキュール」。
これさえもルイ・ロデレールは手を抜きません。
古い木製の大樽で最低でも5年熟成したものを使います。
ルイ・ロデレールはリキュールワインを長期熟成させるただひとつのメゾンです。

モエ・エ・シャンドン 世界のセレブに愛されて260年
モエ・エ・シャンドンは、シャンパーニュ地方の名門モエ家の一員であるクロード・モエによって1743年に創立。
創業以来、モエ・エ・シャンドンは貴族や皇族をはじめとする一流の顧客に愛され続けています。
完成度、豊かさ、そしてダイナミックさ。一貫してこの3つにこだわった味わいが、モエのスタイル。
口あたりから喉ごし、後味、五感を揺さぶり続けるダイナミックな感動がモエの醍醐味。
パリ・ミラノをはじめとする世界のファッション・コレクションのオフィシャル・シャンパンとして認定されるなど、ファッション界で抜群の存在感を発揮しています。
モエ・エ・シャンドン社は、エペルネに本拠を置く、世界最大の規模を持つ由緒あるシャンパンハウスです。

ダニエル・デュモン ダニエル・デュモン氏は1970年代初頭に蔵元を設立。
以来絶え間の無い発展を続け、現在では10ha、年産8万本強の生産。
現在は二人の息子が蔵元を引き継いでいます。
主にアラン・デュモンが畑仕事、奥様のマリー・クレールがセールス関係、ジャン・ミッシェル・デュモンが醸造関係の仕事を受け持っています。
畑はプルミエ・クリュに指定され、チョーク土壌の素晴らしいテロワール。
彼らのセラーは地下25メートルにあり、年間を通じてコンスタントに摂氏10度の好環境。
ブドウの収穫時期、プレス、ブドウジュースの静置、アルコール発酵など、急がず、ゆっくりと時間をかけて行います。 ブドウの良さを引き出すには、なにより「ゆったりとした時間」が大切だと考えています。
調合作業は、シャンパーニュを綿密に仕上げるため、とても重要。
どのヴィンテージにするのか、どの畑、どの区画、どの品種にするかなど、入念に考えます。
ピノ・ノワールは、フランス人が考えるシャンパーニュの骨格を形成し、フルーツとキャラクターを決めます。
シャルドネは温かみのあるブーケとシルキーなアロマを、ピノ・ムニエは輝きとしなやかさをもたらします。
彼のセラーは最適な環境にあり、その為ゆっくりとした泡の形成に役立ち、繊細でエレガントなスタイルのシャンパーニュに仕上がるのです。
このシャンパーニュ・ハウスの顧客は80%がフランス国内の主に一般顧客。
20%がヨーロッパ(ベルギー、イギリス、ドイツ、イタリア)。

RMとは、レコルタン・マニピュランの略号。
自分の畑で造ったブドウだけを使い自身で醸造・熟成させ生産するのがRMです。
いわば個人生産者です。
もちろん規模も小さく、ブルゴーニュで言えばドメーヌに相当します。

生産量も少なく日本ではあまり見かけないし、ハズレであることもしばしば。
しかし個性が表れる味わいに世界が注目し、かなり輸出されるようになり、我が国でも数多く輸入されるようになりました。

マリー・ドゥメ マリー・ドゥメの当主であるアラン・ドゥメがワイン造りを始めたのが1976年のこと。
またマリー・ドゥメというブランドを立ち上げたのは1987年以来となります。
10haに及ぶマリー・ドゥメの畑は、シャンパーニュのアペラシオンの南端に位置し、シャンパーニュの中心部よりもシャブリに近いエリアにあります。
畑にはピノノワールが80%、シャルドネが20%植樹されており2年から34年の樹齢のブドウが植わっています。
現在、世界的な需要の高まりからシャンパーニュの高騰や枯渇が問題となっていますが、それでもなお、この地域では元詰めを行わずにブドウを販売する栽培者が多いと言います。
そんな中で早くから自社ブランドを築き、元詰め(一部買いブドウから)でシャンパーニュを生産するマリー・ドゥメは奇特かつ希少な生産者と言えます。

マルゲ マルゲは、モンターニュ・ド・ランスでも重要な村であるアンボネイの蔵です。
1883年の創業の小規模なN.M.(ネゴシアン・マニュプラン)。
アンボネイやブーズィーといったグラン・クリュを所有する名家で、ほかにヴェルズネイ村やコート・ド・ブランのメニル・シュール・オジェ村の信頼する葡萄栽培業者からも原料を購入しています。
アンボネイ村自体はモンターニュ・ド・ランスの中でも特級格付けされている村で、エグリ・ウーリエやポール・デチュンヌなど名だたる生産者が軒を連ねます。
マルゲもそれまでは同じように伝統的なシャンパーニュ造りを行っていましたが、5代目の現当主ブノワ・マルゲが今のように指揮を取り始めてからはよりナチュラルで土地の味わいが生きた造りに変化してきています。
ブノワ・マルゲはまだ若い生産者ですが、伝統と歴史に頼ることなく、シャンパーニュ造りの可能性を追求しています。
革命的なエノロジストと呼ばれるエルヴェ・ジェスタンの指導の下、彼が提唱する理論に基き、恵まれた土地がもたらす最良の葡萄とテロワールに忠実なシャンパン造りですばらしい作品を送り出しています。
マーケティングや広告に費用をかけるのではく、あくまでも品質向上のために費用を費やす姿勢にも好感が持てます。
最近ではピラミッドの黄金比をもとにした三角形の特殊な樽をTaransaudに特注で作らせました。
対流が通常の円形の樽とは異なるそうです。
これからのシャンパーニュ造りにどう生かされるのか楽しみです。
このポテンシャルの高い土地には珍しい新しいタイプの生産者といえるでしょう。
現代風な自然派シャンパーニュの一つだと思います。
マルゲのシャンパーニュは、アンボネイ村の特徴である綺麗な酸味、ピノ・ノワールに由来する風味豊かな香りとコクがバランスよく兼ね備えられていることでしょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。